ミルクック賞
円田 竜太 さん

今年3月24日、沖縄へ家族旅行に行くために、福岡空港へ行きました。しかし、乗車する直前、他の便のトラブルで滑走路が封鎖されてしまい、乗車する便が欠航になってしましました。春休み始まったばかりだということで、振替便も予約できず、旅行自体がすべてキャンセルになってしまいました。家族全員楽しみにしていた初めての沖縄に行けず、みんながっかり。この失望感は半端なかったです。

しかし、せっかく旅行の準備をしているからということで、近場に旅行に行こうということになり、急遽予定変更で、温泉宿を予約し、代替家族旅行となりました。

その時に立ち寄ったのが、『阿蘇の大観峰』。展望所まで行くと、1枚の看板を発見。「パラグライダー体験」。なんか面白そう。長女(当時8歳)に「乗ってみようか?」と聞くと、いつもはちょっと控えめな長女が「乗ってみたい!」と意外な反応。家族全員体験したかったのですが、体験費用もそれなりにいいお値段でしたので、家族を代表して長女が体験することに。

装備を装着し、いざ出発。不安そうな顔をしているのかと思いきや、長女の顔は生き生きとしています。インストラクターの方に付き添い、あっという間に上空へ。地上からみんなで手を振ると、長女は上空から手を振り返してくれました。15分ほど大観峰上空を飛行し、無事に着陸。「どうだった?」と聞くと、「すごく楽しかった!気持ちよかった!またやってみたい!」と。

長女の意外な一面(?)を発見できたとともに、飛行機には乗れませんでしたが、違う手段で空を飛べて、長女だけでなく、家族全員素敵な体験をすることができました。